恋愛がしたくなる!片思いではいられない戦略的デート術

片思いのデート

復縁の冷却期間中や片思いのデートというのは、自信の無さからどうしても、一歩前に踏み出せないまま、終わってしまいがちです。デートにOKしてもらえた段階で、片思いから脈ありに移行したと自分に言い聞かせて、せっかくもらったデートのチャンスを棒に振らないように気をつけましょう。時間を割いてくれた彼のために、ここでアピールできなければ二度目はないと気合を入れて、彼への恋心をあなたの武器でアピールしていきましょう。

では、どのようにアピールすれば良いか。恋心というのは、はっきりと相手にわかってしまうよりも、もしかしたら・・ぐらいに匂わすぐらいの方が、相手もどきどきするものです。片思いであることを安易に覚られると、相手に心のゆとりができてしまい、キープ要因にされたり、最悪の場合は、遊ばれたりすることもありますので、注意が必要です。片思いの恋愛であっても、最終的には相手に追いかけさせることが大事です。

デート中は、普段のあなたとは別の一面も見せると効果的です。普段がよく話すタイプなら、控えめなトーンで聞き役に徹したり、逆におとなしいタイプなら、明るい色のネイルで飾ってみたり、相手の知らないギャップを見せる事で、もっと知りたいという気持ちを芽生えさせ、デートをもう少し重てみたいと思わせます。完全な片思いで恋愛対象外だったとしても、新しい一面を見せる事で、気になってくることもあるでしょう。

また、日常から離れたシチュエーションで会ってみることも大事です。遊園地や映画館や花火大会などがデートのメッカなのは、一人では心細いような人がたくさんいる環境で、その相手だけが会話できる相手であり、頼りなので、特別なパートナーシップが芽生える効果があるのです。そんな効果も意識的に活用しながら、片思いから脱却していける道を歩んで頂きたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る